2016年10月1日(土) ・2日(日) 東京都立産業貿易センター台東館にて 第60回日本医真菌学会総会・学術集会を開催致します。

第60回日本医真菌学会総会・学術集会

会長挨拶

 この度、第60回日本医真菌学会総会・学術集会を2016年10月1日(土)・2日(日)の両日、東京都産業貿易センター台東館(東京都台東区浅草)において開催する運びとなりました。伝統ある本会の節目となる60回大会を主催させていただくことを誠に光栄に存じております。


 日本医真菌学会は1956年秋に創立されて以来、日本医学会分科会の一つとして発展を続け、第60回総会を迎えることとなりました。医学領域における真菌学を主題とした本学会では、基礎から臨床、病原体から宿主、皮膚から内臓、ヒトから動物、と多岐にわたる領域に研究領域が拡大してきました。研究領域の広がりの中で、理学、薬学、農学、水産学、獣医学、食品微生物学など極めて多岐にわたる専門領域の研究者が参加し、活発な議論が交わされております。


 本総会のテーマは、60年間を振り返り、さらに躍進するために「たゆまぬ歩みと挑戦」といたしました。プログラムは、特別講演、招請講演、教育講演、シンポジウム、一般演題、教育セミナーに加え、60回記念シンポジウムも企画する予定です。また、医師、薬剤師、検査技師等の研修の場を提供いたします。


 関係者のたゆまぬ歩みによって高度医療が進展し、感染制御が拡充し我が国は超高齢社会を迎えました。一方で、QOLを高めつつ40兆円を超える医療費とどのように向き合うかが大きな課題となってきました。健康日本21ではセルフメディケーションの充実が掲げられており、生活者が自ら健康増進を意識することを重視しています。本総会では、生活者に発信するプログラムも充実させたいと考えております。


 現在、魅力ある学術集会開催に向けてJSMM2016プログラム委員一同、鋭意準備を進めているところです。多くの会員の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


東京薬科大学薬学部免疫学教室
大野 尚仁


▲TOP